医療について

統合失調症を患った人は精神科の医療機関を受診

統合失調症を患った人は、定期的に精神科の医療機関を受診する必要があります。
統合失調症の治療は投薬が全てと言って良いほど、自分に合う薬を見つけることがとても重要になります。
医師によっては、複数の向精神薬を処方する場合がありますが、あまりお勧めできません。
なぜなら、薬には副作用があるからです。
複数の薬を服用する場合は、必ず胃薬も同時に服用することが求められます。
さらに、睡眠導入剤なども服用する場合がありますから、一日に服用する薬の量は半端なく、健常者から見るととんでもないほどの薬を飲み続けているのが現状です。
これでは、治るものも治らないのではないかと思えてしまいます。
しかし、医師は真剣に患者さんのことを考えて、できるだけ症状が治まるように薬の種類や量を検討しているのです。
あるいは、生活のレベルを確認するような質問をしたり話を聞いてあげたりすることも治療の大事な要素です。
患者を持つ家族にしてみれば、服用する薬を限定的にしてもらい、副作用による不自然さを失くすことを念頭に置いて優しく見守ってあげることが大事です。

Copyright(c) 医療 All Rights Reserved.